Linux VPS : Parallels Power Panelへのログイン

カテゴリー:Linux OS, Linux VPS タグ:,
 

XpressOne.net のVPSプランでは、Pleskのご利用がない場合でも Parallels Power Panel を利用してサーバーのバックアップや再起動を行うことができます。
この文書ではLinuxVPSプランをご利用のお客様のために、Parallels Power Panel にログインする方法を記載します。
詳細な使い方やご質問はParallels社公式サイトや「ヘルプ&サポート」グループ内「ヘルプ」をご覧ください。

関連記事:
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(バックアップ編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(OS再インストール編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(サーバー再起動編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(各種サービス再起動編)
LinuxVPS:Parallels Power Panelの使い方(復元編)

1. 利用した環境

  • Virtuozzo 4.0 環境 CentOS 5.x コンテナ

2. ログイン情報の準備

この作業を行うために、以下情報をご確認ください。

* サーバー納品書に記述のグローバルIPアドレス
* サービス登録書に記述のお客様番号パスワード

3. Power Panel ログイン

ブラウザにて https://IPADDRESS:4643 に接続します。すると「この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。」という警告画面が表示されますが、「このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。」をクリックしてPower Panel ログイン画面を表示させます。
ログイン画面が表示されたら「Interface Language」にて「JAPANESE(Japan)」を選択します。
kb-pp01
ユーザ名 にadmin
パスワード はお客様番号パスワード
を入力して「Login」をクリックすると下図トップページが表示されます。
「ダウンロード」グループより「コンテナ管理者ガイド(英語)」をダウンロードすることもできます。
kb-pp02-1