Linux VPS : Parallels Power Panelの使い方(復元編)

カテゴリー:Linux OS, Linux VPS タグ:,
 

XpressOne.net の VPS プランでは Parallels Power Panel を利用してバックアップからの復元を行うことができます。
この文書では Linux VPS プランをご利用のお客様のために、Parallels Power Panel で取得したコンテナ(サーバー)のバックアップからの復元方法を記載します。
詳細な使い方やご質問はParallels社公式サイトや「ヘルプ&サポート」グループ内「ヘルプ」をご覧ください。
関連記事:
Linux VPS:Parallels Power Panel へのログイン
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(バックアップ編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(OS再インストール編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(サーバー再起動編)
Linux VPS:Parallels Power Panelの使い方(各種サービス再起動編)

※ご注意:コンテナの復元を行うとコンテナ上で稼働しているWebサイトなどのサービスは全て停止します。

1. 利用した環境

  • CentOS 5.x
  • Virtuozzo 4.x

2. ログイン

Parallels Power Panelへログインします。
Parallels Power Panelへのログイン方法は関連記事「Linux VPS:Parallels Power Panel へのログイン」を参照してください。

3. バックアップの確認

「コンテナ管理」グループ内の「メンテナンス」を開きます。バックアップがあれば一覧に表示されていますので、復元したいバックアップにチェックを入れ「コンテナの復元」をクリックします。
ma2

対象となるコンテナの復元準備が行われていますので、「復元」をクリックして復元を開始します。
m3

復元が開始されると、完了するまでは下図のように「コンテナバックアップ一覧を表示できません」という表示がされる場合もありますが問題ありません。なお緑色の「情報」枠内「詳細」をクリックすると復元の進行状況を確認できます。
m4

「詳細」をクリックした進行状況確認画面はこちらです。
m5

進行状況確認画面のステータスが「完了」になるか、「再読み込み」をクリックして「稼働中」と表示されていれば復元は完了しています。
m6