Apache Web サーバーをインストールするには(SSL有効)

カテゴリー:Windows OS, Windows VPS, Windows 専用サーバー タグ:, ,
 

この文書ではご利用Windowsサーバーにおいて、SSL利用を前提としたApache2.2.11をインストールする方法を記載します。

関連記事:
・Windows2003:ApacheWebサーバー(No SSL)をインストールするには
・Windows2003:ApacheWebサーバー + OpenSSLでCSRを生成するには
・Windows2003:Apache + OpenSSL自分で証明書を発行するには
・Windows2003:ApacheWebサーバーをSSL対応で起動するには

1. 利用した環境

Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition SP2
apache_2.2.11-win32-x86-openssl-0.9.8i.msi
※ Apache公式サイトからダウンロードしてください。

2. インストール

ダウンロードした「apache_2.2.11-win32-x86-openssl-0.9.8i.msi」をダブルクリックします。

「Next」を押して次へ進みます。

ライセンスの同意を求められます。

同意できれば、「I accept the terms in the license agreement」をチェックして、「Next 」を押します。

ApacheWebServerの説明が表示されます。

「Next」ボタンで次へ進みます。

サーバー情報設定画面が表示されます。
Network Domain
サーバーのドメインを指定します。ここでは例としてxptest.netと指定しています。
Server Name
サーバー名を指定します。ここでは例としてwww.xptest.netと指定しています。
Email Address
管理者メールアドレスを指定します。ここでは例としてwebmaster@xptest.netと指定しています。
最下部のラジオボタンはデフォルトのままでよいでしょう。

上記4項目を指定して「Next」を押します。

セットアップのタイプを選択します。

通常は「Typical」を選択します。

インストール先ディレクトリ(フォルダ)を指定します。デフォルトでは「C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2」になります。

変更したい場合は「Change...」ボタンを押してインストール先を指定できます。

インストールの準備が整いました。

「Install」ボタンを押してインストールを開始します。

下図が表示されたらインストールは完了です。

3. 確認

上のページが表示されればApacheが動作していますが、https://・・・での閲覧には設定が必要です。

ブラウザで閲覧確認します。指定したドメインを取得済みで、DNSの設定などが完了していれば http://www.xptest.net のようにサイトアドレスを指定して閲覧が可能です。未取得/未設定の場合は http://localhost にて動作を確認できます。
SSLを有効にするためのCSR生成手順は下記をご覧ください。
Windows2003:Apache + OpenSSLでCSRを生成するには