EPELを利用するには

カテゴリー:Linux OS
 

本記事では、EPELとその利用方法について解説します。

対象OS

  • RedHat Enterprise Linux 6.x
  • CentOS 6.x

EPELとは

インターネット上には Red Hat, Inc. が公式に配布しているパッケージ以外のサードパーティ製アドオン・パッケージを提供するサイトが複数存在しており、それらのパッケージを管理・公開している場所をリポジトリといいます。
EPELも有名なリポジトリの1つで、正規RPMではサポートされていないパッケージが多数公開されています(※但し公式リポジトリでも公開されているパッケージより新しいものを公開している場合があるので、利用には注意が必要です)。
OSをデフォルトインストールした状態では、yumコマンドを実行した時に検索対象となるリポジトリはRedHat/CentOSの標準リポジトリのみですが、EPELなどのサードパーティリポジトリを検索対象に追加することで簡単に多くのパッケージ管理を行うことができます。

なお、基本的にはRH社提供のリポジトリの使用をお奨めいたします。EPELを利用する場合は、随時利用ではなく必要な時だけ利用するようにしてください。

EPELの追加

EPELを yum が検索するリポジトリに追加するにはリポジトリファイルをダウンロードします。今回は代表的なリポジトリのひとつである ftp.riken.jp からご利用中のOSにあったバージョンをダウンロードします。

[root@ds00000 ~]# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm ← OSに合ったバージョンをダウンロード
[root@ds00000 ~]# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
[root@ds00000 ~]# rm -f epel-release-6-8.noarch.rpm
[root@ds00000 ~]# vi /etc/yum.repos.d/epe.repo
enabled=1 ←enabled=0にしておく

enabled=0にしておくことでEPELは無効になり、公式パッケージ上書きの心配がありません。

EPELを必要な時だけ使う

上記手順で無効にしたEPELを必要な時だけ利用することも可能です。

[root@ds00000 ~]# yum --(実際は半角)enablerepo=epel install PACKAGE