Windows 2003:IIS-WebでCGIを有効にするには

カテゴリー:Windows OS, Windows 専用サーバー タグ:, , , ,
 

この文書では32bit版Windowsサーバーにおいてご利用中のIIS-WebでCGIを利用可能にする設定方法を記載します。

関連記事:
・IIS/Windows コンポーネントによる WEB/FTP/SMTP/POP3/DNS サービスインストール方法

1. 利用した環境

  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition SP2 32bit版
  • IIS 6.0
  • ActivePerl-5.10.0

2. ActivePerlのダウンロード

ActiveState社のサイトから最新版もしくは必要なバージョンのActivePerlをダウンロードします。ダウンロードしたアイコンをダブルクリックします。

セットアップウィザードが開始されるので「Next」をクリックします。

ライセンスの同意を求められます。同意できれば、「I accept the terms in the license Agreement」をチェックして、「Next 」を押します。

インストールするディレクトリの指定を求められるので、インストール場所を指定し「Next」ボタンを押します。特に要望がなければデフォルトのままでよいでしょう。

セットアップオプションを選択できますが、デフォルトのままでよいでしょう。

「Install」ボタンをクリックしてインストールを開始します。

インストールは完了です。

3. IISの設定

「スタート」-「管理ツール」-「インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ」を開き、「ローカルコンピュータ」-「Webサービス拡張」を開きます。

「Perl CGI Extension」 「PerlEx ISAPI Extension」を選択して「許可」を押します。

IISマネージャの「Webサイト」を展開し、「既定のWebサイト」または利用しているWebサイト名を右クリックして「プロパティ」を開き

「ホームディレクトリ」タブにある「構成」をクリックします。

「アプリケーションの構成」ウィンドウが開きますので「マッピング」タブ内「アプリケーションの拡張子」項目に 「.pl」及び「.cgi」拡張があるか確認します。恐らく.cgiはないと思われますので、なければ「追加」をクリックします。

「アプリケーションの拡張子マッピングの追加/編集」ウィンドウで以下のように編集します。
実行可能ファイル:「参照」ボタンを押してperl.exeの場所を指定し「 “%s” %s 」と追記する
拡張子: .cgi
動詞項目内制限: GET,HEAD,POST

チェックボックスは2ヶ所ともチェックを入れ、ウィンドウを「OK」で閉じます。

4. 確認

cgiファイルを置き、ブラウザで閲覧できることを確認します。


CGIが有効になりました。