root 権限取得方法

カテゴリー:Linux OS, Linux VPS, Linux 専用サーバー タグ:,
 

この文書にはご利用 Linux サーバーにおいて、XpressOne.net が提供する管理者権限を取得する方法を記載します。

1. この作業を行うために、以下情報をご確認ください。

  • サーバー納品書に記述のグローバルIP
  • サーバー納品書に記述のSSH ログインID
  • サービス登録書に記述のお客様番号パスワード

2. Linuxサーバーへのログイン

XpressOne.net Linux サーバーへの基本的なログインは SSH を使って行います。
お客様お使いの SSH クライアントを起動し、サーバー納品書に記述のグローバルIP を指定して SSH 接続を開始します。
サーバーとの接続が確立されるとログインIDを求められますので サーバー納品書に記述のSSH ログインID をタイプします。
ログインIDに続いてパスワードを求められますので サービス登録書に記述のお客様番号パスワード をタイプします。

login as: ログインID
ログインID@グローバルIP‘s password:

この際、パスワード入力に対して画面の変化が一切ありません。万が一パスワード入力ミスに気がついたら Ctrl+u にてパスワード入力を再度行えます。
ログインに成功しますと

[ログインID@サーバーID ~]$

とコマンド待機状態に移行します。一般ユーザーとしてログインの場合コマンド待機記号が $ となっている事にご注意ください。

3. 管理者権限取得

管理者権限取得には su – コマンドを利用します。コマンドを実行しますとご利用サーバーの管理者パスワードを求められますので サービス登録書に記述のお客様番号パスワード をタイプします。

[ログインID@サーバーID ~]$ su -
Password:

コマンドが成功すると、管理者権限としてのコマンド待機状態に移行します。

[root@サーバーID ~]#

管理者権限を取得した場合、コマンド待機記号が # に変化している事にご注意ください。

4. 管理者権限利用の終了

管理者権限による作業が完了して一般ユーザーに戻るためには exit コマンドを実行します。

[root@サーバーID ~]# exit
[ログインID@サーバーID] $

exit コマンドの実行によりIDが ログインID に変化している事、 コマンド待機記号が $ に変化している事をご確認ください。
サーバーからのログオフは再度 exit コマンドの実行にて行えます。

★ root権限の危険性について ★

root権限とは、システムの全機能を利用できる管理者権限で、OSの設定、ソフトウェアのインストールなど全ての設定変更が可能です。誤った操作により各種機能やOS自体を削除してしまうことも可能なため、rootでの作業は必要最小限に留めることをお奨めします。